バイリンガルまーなのブログ

マウスの解剖

読了までの目安時間:約 2分

 

今日の新聞に、理化学研究所と東京大学の研究チームが全身が透けて見えるマウスの複製に成功したと書かれていました。 解剖しなくても臓器の働きが一目でわかるようになり、がんや糖尿病、心臓病などの研究に役立つそうです。 その成果が7日に、米科学誌「セル」に掲載されるそう。 こういう医学や生物学の分野は全くダメな私。 本当にすごいなと思います。 こういう人たちのおかげで医学が進歩するのですから。 ちなみに、マウスは約300億個の細胞からできていそうです。300億個と言うと、もう想像もつかない域。 透明にするには生体色素を抜く必要があり、研究チームは血液を赤く染める「ヘム」という色素などの除去を試みたそうです。 血液をできるだけ抜いた後に、生理食塩水を流して生きたままの状態が保てるようにし「CUBIC試薬」という溶液で2週間かけて色を抜いたとか。 その結果、マウスは骨以外が透明になり、心臓や肝臓などの臓器の輪郭だけが見えるようになったとのこと。 これまでマウスやサルの脳を透明にすることはできたが、細胞のたんぱく質を保持したまま全身を透明化したのは初めてだとのこと。 研究チームは特定のたんぱく質が光るように遺伝子を組み換えしたマウスも透明化し、膵臓の立体的ながぞを1時間程度で得たそうな。 これで、糖尿病などの診断や治療につながる技術の開発役立つとしているそうです。 私の父は糖尿病を持っています。 病気にかかっている当事者やその家族はこういった医学の進歩をいつも待ちわびています。

 

ニュースから